個人であっても広告収入を得られる可能性がある

テレビの主な収入源は広告であるという当たり前の事実を知らないでいる人は驚くほど多い。彼らは無償で番組を作って視聴者を楽しませている訳ではないのである。広告主からかなりの額のお金を受け取り、その引き換えとしてテレビで短い間ではあるがCMを流しているのである。このような方法でテレビ局が得ているお金を広告収入と呼んでいる。イベントの開催や、独自のグッズ開発などの収益もあるのだが、やはりメインはこちらである。

長い間、テレビの一強時代が続いた広告業界だが、ネットの普及によって情勢が大きく変わって来た。さすがにテレビには及ばないのだが、ラジオと新聞は既にネットより下位の存在になっている。

あぁ俺も、こんな時代になるのが前もって分かってたらネット関連企業に就職していたのにと肩を落としている男性もいるだろう。だが、今からでも遅いとは言い切れない。自分で人気サイトを作り上げれば副業ネットワークを作って、広告収入で生活する事も夢とは言い切れないのである。なにせ成長産業であるから、今年駄目だったとしても来年!という風に頑張れるのだ。あまり周囲の状況に期待し過ぎると、自身の努力を怠ってしまいかねないのでどうかと思うが、やはり環境が良いに越したことは無い。その意味でも今が参入のチャンスだと言えるだろう。

自前のサイトを構築するのは私には無理だと思ったら、ユーチューブを利用してみるのも良い。詳細はサイトにて確認してもらいたいが、要するに人気動画をアップロードしてそこに広告を載せる。結果的に大勢の人がそれを見るので広告収入を得る事が出来るという内容だったと思う。企業サイトを利用するため幾らか取り分は減ってしまうが、比較的容易にできるため魅力はあるだろう。

ただ、肝心の人気動画を撮影するのが簡単ではない。ペットに芸を仕込むのも方法だが、狙っている時に限って面白い動きはしてくれないものだ。手ごろなのは動物園だろうか。ここなら人目を引く行動をする動物を見つけやすいはずだ。

SNSでもご購読できます。