アフィリエイト入門

儲かるアフィリエイトを現実のものとするための努力!!

儲かるアフィリエイトを理想だけではなく現実のものとしたいのなら、いかにして商品が閲覧者の目に入るようにするかを考えなければいけないです。いくら魅力的な記事や紹介文を書いていたとしても、肝心の商品が閲覧者の目に入らなければ意味はありません。

サイト制作をしている側はどこに何を配置しているのか、そのレイアウトやデザインを熟知していて当たり前です。しかしだからこそ閲覧者の目線に立つことができなくなってしまい、それが商品を閲覧者から遠ざけてしまうこともあります。

たとえば、記事や紹介文がかなり目立った形でアップされていたとしても、肝心の商品が端の隅っこに配置されていたら閲覧者としてはどう感じるでしょうか?記事や紹介文ばかりに注目をしてしまい、それを読み終わったら満足して他のページへ飛んでしまうかもしれません。

それではせっかく質の高い記事や紹介文を書いたとしてもそれが無駄になってしまいます。そこまでくれば商品を買ってくれるまでもう一押しなのですから商品が閲覧者の目に絶対入るようなレイアウトやデザインをしていかなければならないのです。そのためには閲覧者の目線で常にサイトのレイアウトやデザインを見直していき、さりげなく商品へ誘導できるようにしていかなければならないのです。

儲かるアフィリエイトをしている人はそれがとても自然とできているので、あざとくなく商品への注目が集まりやすくなっているのです。少し分析すればそれはわかることなので、もしもサイト制作に行き詰ってしまったらそういうサイトを参考にすると思わぬヒントが得られるかもしれません。

そして、儲かるアフィリエイトを実行したいのならやはり注目度を上げていくことが大切になってきます。ブログのランキングサイトに参加して上位を狙う、知人にアピールしてアクセスしてもらう、ツィッターなどのSNSで更新したらその情報を発信するなど注目度を上げていくことはとても大事で、そうすることによってブログ自体が大きな人気を得ていくことになります。

それは他のブログとの競合になりますから決して楽ではありませんが、そこを勝ち抜けば儲かるアフィリエイトをするための下地ができます。そうすることによって思わぬ集客を現実のものとすることができますからそれをするのとしないのとでは雲泥の差があると考えて差し支えないです。ですので、儲かるアフィリエイトをするためにはそれらの努力を惜しまないことがとても大事になってきます。

ターゲットを限定して儲かるアフィリエイト!!

アフィリエイトを成功させるには数多くのアクセスを集めるのが基本ですが、収益が発生しやすいアクセスとそうでないものがあります。例えば芸能人の名前などは比較的アクセスが集まりやすいキーワードではありますが、芸能人の名前で検索した人が何らかのニーズを持っているか特定することは困難なので、広告の掲載はあまり効果は期待出来ません。

反対にダイエットなどのキーワードで検索する方は、痩せたいというニーズや綺麗になりたいというニーズなど美容に感心があることがハッキリしているので、広告を掲載する場合にもこうした美容関連のものが望ましいでしょう。

このようにアフィリエイトはアクセスを集めることは重要ですが、ただ闇雲に集めるのではなく、ターゲットを限定して収益を発生しやすいものを選ぶとより儲かるアフィリエイトを実現出来ます。

ここでは儲かるアフィリエイトに必須のキーワードの特定方法について見ていきましょう。

まずおすすめなのが、広告から逆算してキーワードを選ぶという方法です。アフィリエイトには美容系や金融系など様々な広告がありますが、こうした広告を掲載出来るサイトというような手順でキーワードを設定します。

例えば投資関連の広告ならば、初心者向けの開設記事を書いたり、上級者向けのコラムを書くなどサイトを訪れる方の目的やタイプを予想しながら記事を書き、そのサイトに最初に選んだ広告を掲載します。そうすればそのサイトを訪れた方は広告に対して何らかのアクションを起こす可能性が高いので、結果的に収益も得やすくなるでしょう。

このようにアフィリエイトでは徹底してユーザーを限定し、目的をハッキリさせることが大切です。無尽蔵にアクセスを集めて、適当な広告を貼り付けても稀に収益が発生することもありますが、そうした方法は決して継続的なものではないので、個別のニーズに応え、それに対応したアフィリエイト広告を掲載するのことが儲かるアフィリエイトのコツです。

このようにアフィリエイトを行うためにはキーワードやテーマ選びが重要ですが、さらにおすすめなのは自分の得意なジャンルを書くということです。アフィリエイトは地道に記事を書くことを続けていきますが、楽しんで作業するためにはその分野に対して知識や興味があることが理想です。

全く興味の無い分野や嫌いな分野に対してずっと記事を書くのは苦痛でしかないので、ぜひ儲かるアフィリエイトを目指す際にはご自身の得意ジャンルで勝負して下さい。

少々の誇張を織り交ぜるのがアフィリエイトでは大切

ネット副業の中で有名な物にアフィリエイトがあるが、これをする時に大切な事がある。それは良い事は多めに書いて、良くない事は少なく書くという事だ。言われてみれば当たり前なのだが、この原則を守っていない人達はとても多いので気をつけなければいけない。

外国ではどうなっているか知らないけれども、日本では嘘をつくのは良くない事だとされている。嘘つきは泥棒のはじまりという諺もある位だから仕方が無いだろう。自分にとって不都合な事であったとしても、包み隠す事無く言うのが良い事だとされているのだ。

だが、時と場合によってはそうではない事を意識しておかないといけない。そうでないと思わぬところで不利益を被ってしまうからだ。せっかく小遣いを得るために始めたのに1円も儲からない、というのを作り話だと思っている人もいるが、これは紛れもない事実なのである。

その原因は先程から述べている様に事実しか書かないという所にある。これは何も作り話を書けと言っているのではない。あえて言うのならば、事実を誇張しましょうという感じである。便利でしただけでなく、それを使った事によってお婆ちゃんがとても喜んでくれました、みたいな文面を付け加えてもいいだろう。

この時に、その人が実在しているかいないかは重要ではない。もし紛れもない事実しか記載してはならないのだとしたら、書ける事は極めて少なくなってしまうはずだ。こんな事を言うのは何だかなぁという気もするが、各業界でも同様の行為は行われている。

一見すると問題にも思えるが、相手側からの確認はとりようがないのも確かだろう。明らかに嘘とわかる様な内容ならばともかく、そうでないのなら別に構わないのではないだろうか。ネット副業でアフィを成立させたければ、それくらいの事で悩んでいてはいけない。もちろん限度はある…が、ネット副業ならば許されるだろう。さすがに自伝でも書こうとするのなら本当の事しか書くべきではないだろうが。

アフィリエイトで稼げるか

アフィリエイトと言うと、どんなことを言うのでしょうか。サイトを作って、提携した会社の商品を売り、その売り上げの何%かをもらう。これが簡単に言うとアフィリエイトですよね。ものすごく儲かっているアフィリエイターたちは、おそらく消費者金融のアフィリエイトをやっているのだと思います。クレジットカードとかね。これらはアフィリエイト報酬がものすごいらしいですから。通信講座のアフィリエイトなんかも有名でしたが、もうそのようなサイトが増え過ぎたでしょうから、今はどうなっているんでしょうかね。アフィリエイトと言えば、情報商材も有名でしたね。電子書籍が一般的になる前に情報商材の方が先行していましたっけ。今も情報商材って売れているんでしょうか。良いものなら、やっぱり売れるんでしょうけど、今は何が売れているんですかね。すっかりそういう情報に疎くなってしまいました。それでも、次から次へと、何だかんだってメールが来ますから、今でも売れているんだろうなあ。あ、メールと言えば、メルマガを使ったアフィリエイトは今でも健在そうな雰囲気を醸し出してますね。新しいSNSが登場するたびに同じような情報商材が出ることを繰り返しているのも、アフィリエイトの特徴かもしれません。このことについては、何もアフィリエイトに限ったことではなく、商売では当たり前のことなのかもしれませんけどね。あっ、アマゾンとか楽天のアフィリエイトがあるじゃないですか。アマゾンがアフィリエイトを牽引したのかもしれないですね。そうだ、そうだった。それに、グーグルのアドセンスもアフィリエイトということになるのかもしれません。アドセンスのような広告サービスがいくつも出てきましたものね。他にアフィリエイトと言えば、何があったかな。ところで今は、どんなアフィリエイトが人気なのでしょうか。みなさん、アフィリエイトで稼げてますか?アフィリエイトを始めてみますか?どうします?